ストレッチング

ストレッチングとは

ストレッチングのページ

TOPストレッチングとは






ストレッチングについて


ストレッチングとは「伸ばす」とか「引っ張る」と
いう意味で、身体の筋や腱を引き伸ばすこと
をいいます。

人間だけではなく、犬や猫などその他の動物
ストレッチングを行います。

あくびをするとき、両手をあげてのびをするとき
の行為がその一種です。

いろんな姿勢や体勢でストレッチングを行うと、
背筋や全身の筋や腱をくまなく引き伸ばすこと
ができます。

「あくび」や「のび」をすると、気分が一新され爽
快な気分になります。

さらに生理的にもいろいろな効果があるといわ
れております。

ストレッチングは、あらゆるスポーツ活動の準備
運動と整理運動などに活用されています。

一般の人のために、健康体操や美容体操として
も活用されています。

さらに、疾病や傷害のリハビリテーションとしても
広く利用されています。

健康管理のうえでもストレッチングは初歩的な準
備体操なので家庭でもどこでも、簡単にできます。


 ・ストレッチングの特長

 だれでも、どこでも簡単に行うことができます。
 身体が柔軟になります。
 全身の血行がよくなります。
 肉体や精神の緊張がときほぐされます。
 スポーツによる傷害や筋肉痛の予防ができます。


 ・ストレッチングの効用

 身体や精神の疲労を回復させます。
 肉体の老化が予防できます。
 肉体や精神に活力をあたえます。


 ・ストレッチングの正しい認識と活用法

 ストレッチングをはじめる前にウォーミングアップを
 おこなうこと。
 
 ストレッチング自体がウォーミングアップですが、いき
 なり強く行うと逆に故障を招くことがあります。

 軽いジョギングなどをしてから弱めに開始し、次第に
 強度を増していくのが望ましいです。


 ・反動をつけずに行うこと。

 柔軟体操のように反動をつけて行うのではなく、静か
 にゆっくりと行い、筋や腱に程よい緊張を感じたところ
 で動作を止め、10〜15秒程度保持するやり方が望ま
 しいです。


 ・段階的に行うこと。

 始めに10〜15秒間保持し、一度姿勢をほぐしてから
 次に20〜25秒間姿勢を保持し、さらにまた30〜35秒
 間これを行うという具合に段階的に時間や強度を増し
 てい行く方法をとること。


 ・オーバーストレッチングはしない。

 筋や腱はある程度緊張が感じられるまでしないと、その
 効果は生じませんが、痛くなるまでするとかえって逆効果
 になります。

 それをオーバーストレッチングと呼ばれ身体を痛めること
 になりかねません。

 強すぎず、弱すぎず加減をしながら行うことが大切せす。


 ・自分のペースで行うこと。

 身体の柔軟性には個人差があり、身体の部位によって
 柔軟な関節とそうでない関節とがあります。

 また、曲げやすい方向や捻りやすい方向とがあり、その
 時々によっても違うのでマイペースで行うのが良いとさ
 れています。


 ・習慣づけること。

 一度や二度のストレッチングでは効果は生まれにくく、
 毎日規則正しく、短時間でも良いので、行うのが良い
 とされています。

 一回の効果は1〜2時間程度の持続力なので、スポーツ
 をしている場合はその合間合間にストレッチングを行うの
 が良いとされています。


 ・腰痛のある人は避けること。

 腰痛にもいろいろ原因がありますが、特に背骨やその周辺
 に損害のある場合はストレッチングを行うと逆に悪化させる
 ことがあります。

 腰痛のある人はまず始める前に、専門医の診断を受けるこ
 とをおすすめします。


























































    ★その他のリンク集もみてください。
  My Menyu 
  暮らし・生活  食と健康  家族・遊び  趣味・ガーデニング  ペット
  ホコリ取りのアイディア

  水回りの手入れ

  掃除あちこち

  なんでもリサイクル
  
  道具選びと手入れ
  食生活の知恵
 
  健康とリズム


  ビタミンの話
 
  ストレッチングとは

 子供と野遊び

 家族でアウトドア

 温泉の話し

   
(療養温泉)
  星座の魅力

  世界の不思議

  なんでも辞典


 
観葉植物

   サボテン
 猫の選び方

 猫の世話

 猫の食事

 猫のしつけ

 猫の健康管理

 猫の困った
  子供の未来を考えて!
  ADHDってしってる?     ADHD関連リンク             リンク集      ☆プロフィール☆


  スポンサードリンク
  
Copyright (C)〜家族と暮らしのアイディア All Rights Reserved