猫◇健康

 猫の健康管理

猫の健康

 TOP猫の健康管理のページ
 

猫の健康管理について



 健康は毎日確認することが大切です。

 の体調や病気を早めに発見するためには、日頃か
 ら、自分の飼っている猫の正常な状態を知っておくこ
 とが大切です。

 猫の動きや反応は直感的な判断材料であるため、獣
 医師にもうまく説明するのが難しい場合もあります。

 体温や脈拍、呼吸などは数字で表すことができるので、
 病気になってからではなく、常日頃から健康なときの状
 態を観察しておくことが大切です。
 ※猫の体の正常値を測定しましょう
 
 
 ◎体温の測り方
  
  猫の平熱は人間より少し高く、38〜39度あります。 
  体温計を肛門に入れて測ります。
  子猫のうちから体温を測る習慣をつけておけばいやがりません。


  ◎脈拍の測り方

  成猫の心臓は1分間に100〜160回打っています。
  子猫はそれより少し早くなります。
  猫の内股に手を入れて測ります。


  ◎呼吸数の測り方

  安静時には1分間に20〜30回くらい、寝ているときは約15回ほど。
  器具は使わず、目で見て測ります。
  呼吸のリズムや深さなどにも注意して見ます。
   ※症状別の判断方法
           
  ◎食欲がなく、食べてもすぐ吐く

  食欲は猫の健康度を知る重要な目安です。
  食欲がないからといって病気とは限りません。
  猫は偏食性が強いので、餌の種類を変えただけでも
  食欲不振になったりします。

  環境の変化やストレス、発情期などの要因もあります。
  水を飲む量が異常に増えた場合は脱水症状や糖尿病
  子宮や腎臓の病気などの場合などがあります。

  食べすぎや消化の悪いものを食べても猫はよく吐きます。
  1回だけの嘔吐で、食欲があり元気ならば心配いりません。
  でも嘔吐がつづく場合は病院へつれていく必要があります。

  嘔吐の回数や時間、内容はできるだけ観察するようにしましょう
  【食欲がない場合の観察】  
  食事前に外に出ていた ⇒ 外で何かを食べた可能性がある
  朝食べて次の夕食を食べない ⇒ エサの出しっぱなしや種類を変えた
  食べる前に白い泡を吐いた ⇒ 極度の空腹による胃酸過多など
  まる1日何も食べない ⇒ 食べ過ぎが原因と思われるが元気
   がなければ病院でみてもらう
  水ばかりたくさん飲む ⇒ 尿の量が多ければ腎不全も考えら
   れる。
  2日以上水も飲もうとしない ⇒ 大至急病院へ連れて行く
  【便の様子がいつもと違う】  
  いつも軟便で量が多く、臭い
  がない
⇒ 消化不良の可能性あり。
  下痢をしている ⇒ 吐き気があり、元気と食欲がない場合は
   病院
  便と一緒に虫が出てきた ⇒ 病院で虫くだしを処方してもらう
  泥状の便が出た ⇒ まる1日続いたら病院へいく
  水のような便が出た ⇒ 脱水症状を起こす可能性があり。
  血が混じっている ⇒ 大腸炎の可能性あり。
  黒いタール状の便が出た ⇒ 胃や十二指腸の出血の可能性あり。
  【尿が出ない】
  尿の色が濃い  ⇒ 1回だけなら問題はないが、数日の場合は
   病院へ
  1回の量が少なく、回数が多い ⇒ 膀胱炎の可能性あり
  赤い尿が出た ⇒ 泌尿器系の異常や血液、筋肉の障害など
  尿が濁っている ⇒ 食べたものによるが、病院で見てもらう。
  1回の尿の量が多い ⇒ 腎臓病の恐れあり
  尿は出ないが垂れる程度 ⇒ オスなら猫泌尿器症候群の疑いがあり
  【呼吸が早くなる】
  寝ているときでも呼吸がはやい ⇒ 肺や気管の異常が疑われる
  せきやくしゃみが頻繁にでる ⇒ 呼吸器の伝染病などが考えられる
  口を開けたままで呼吸をする ⇒ 熱射病や日射病の疑いあり
  横になって寝ようとしない ⇒ ひどい呼吸困難は病院へ
  胸と腹を使って呼吸している ⇒ 事故などによる横隔膜の異常かも
  舌が紫色に変化している ⇒ 血液中の酸素が不足している。
  【腹がふくれる】
  全体的に太っている ⇒ 肥満病や、食事、運動など獣医師に相談
  メスでしばらく前に発情して
  いた
⇒ 妊娠の可能性を考える
  下痢が続いている ⇒ はやめに病院へ行く
  元気がなく、やせている ⇒ 伝染性腹膜炎など腹水の疑いあり
  しこりがあり、さわると痛がる ⇒ 黄色脂肪性の疑い、餌を再点検する。
  
【歩き方がいつもと違う】

猫がおかしな歩き方をする場合、爪の先の異常や中枢神経の異常などさまざまあります。
脳神経に異常がある場合は、全身に現れることがあります。

脳に腫瘍などがある猫は、一方向に回転するようにしながら歩いたり、前足と後足の片方をひきずって歩いたりするそうです。

つめの先や足の裏からチェックして、ケガや異物がささってないか触って確認します。

左右どちらかの足が悪ければ、悪いほうの足をかばってあるくため、健康な足のほうが悪いように見えることがあります。

歩きときの、歩幅も重要なチェックポイントです。
足が痛むときは、できるだけ着地時間を短くするために、悪いほうが宙に浮いてる時間が長くなります。


【しきりに体をかく】

皮膚の異常は毎日体に触ったり、なでていればひかくてき見つけやすいものです。
皮膚の異常をチェックする際に大切なことは、かゆみや痛みがあるかどうかです。

被毛のツヤやひどく抜けているところがないかの確認も大切です。
長毛の猫は毛をかきわけて観察しないと、気づかない場合もあります。

1箇所だけかんだり、なめたりするのは要注意。
猫は普段から毛づくろいをしますが、1ケ所だけいつもかんだり、なめたりしている場合は、その部分に異常があると思われます。


【目や耳・口の異常】

目にやにがたくさん出るのは、結膜や角膜の異常が考えられます。
健康な猫の瞳は澄んでいて、目やにや涙はありません。
角膜などを傷つけると、目の表面が白く濁ってきて、猫は目をあけません。

しきりに頭を振って、耳をかきむしるときなどは、耳ダニが寄生していたり、耳あかがたまっていたりした場合にとる行動です。

正常な猫の耳は、内側がつるつるしていて、臭いやべとつきがありません。
耳の中がざらざらしてきたらり、臭いがきつくなってきたりしたら、異常かもしれません。

発見しにく口の異常は、口臭が強くなってきたり、よだれをたくさん垂らすような場合が異常の確認にもなります。

老猫には歯槽膿漏のある場合が多く、ウイルス性の伝染病にかかった場合などは、口内炎などの症状もでます。



日常で観察できる猫の健康管理について、調べた内容ですが専門家ではありませんので、ご了承ください。
たくさん、猫ちゃんを抱いて、なでながら観察してみてください。




   ★ その他のリンク集も見てみてください。  
 My Menyu  
  暮らし・生活  食と健康  家族・遊び  趣味・ガーデニング  ペット
  ホコリ取りのアイディア

  水回りの手入れ

  掃除あちこち

  なんでもリサイクル
  
  道具選びと手入れ
  食生活の知恵
 
  健康とリズム


  ビタミンの話
 
  ストレッチングとは

 子供と野遊び

 家族でアウトドア

 温泉の話し

   
(療養温泉)
  星座の魅力

  世界の不思議

  なんでも辞典


 
観葉植物

   サボテン
 猫の選び方

 猫の世話

 猫の食事

 猫のしつけ

 猫の健康管理

 猫の困った
 子供の未来を考えて!
  ADHDってしってる?     ADHD関連リンク             リンク集      ☆プロフィール☆


  スポンサードリンク
   
Copyright (C)〜家族と暮らしのアイディア All Rights Reserved