星 座

星座の魅力

星座のページ

TOP>星座の魅力

 
 星座の魅力について

 
 星座を家族で見に行きませんか?

 夜、家から一歩外に出て頭上を見上げると、満天の星座
 が広がる世界を。

 人類よりはるか長い間、輝きつずけてきた夜空の星々は
 静かに存在感を漂わせています。

 人々は星空を見上げ、様々な思いをめぐらせてきました、
 流れ星への願い事、明るく光る星への魅力など星空の
 魅力はつきません。

 身近な星座のことなどを紹介しながら、星座の魅力を感じてみませんか。
 
 

 ・星空の楽しみ方

 夜空には、星と星をつないで作られている星座があります。
 星座の起源は、古代の人々が身近な動物や物語に登場
 する英雄の姿を夜空に当てはめて作ったものです。

 星空を楽しむためにも、星座を覚えたりその星座にまつわ
 る神話なども調べてみると楽しいと思います。

 ギリシャ神話は多くの星座にまつわる物語があります。
 
 また、科学館やプラネタリュウムなどでも星空の楽しみを
 感じることができると思いす。


























・星空の星座について

かに座(6/22〜7/22生まれの人)

ふたご座としし座の間にある星座で、太陽の通り道、黄道上に
横たわる星座(黄道12星座)のひとつで紀元前7世紀には知ら
れていました。

しし座(7/23〜8/22うまれの人)

3個しかない春の1等星のうちのひとつで、月の通り道にあって
時々月に隠されることから、昔は王様の運勢を占う星(ロイヤル
スター)として尊重されていました。

また、33年毎にこの星座から、雨のように降りそそぐ流星群が
1時間に20万個以上出現し「しし座流星群」と呼ばれています。
黄道12星座のひとつで、紀元前600年頃には完成されていま
した。

おとめ座(8/23〜9/22うまれの人)

紀元前3200年頃には作られていた古い星座で、黄道12星座
のひとつです。望遠鏡で見ると、星座より銀河の方が多く、「おと
め座銀河団」がそばにあり距離5900万光年がある。

てんびん座(9/23〜10/23生まれの人)

さそりの頭の先にあり、ギリシャ時代はさそりのはさみにあたっ
ていて、ローマ時代に独立した星座になり、黄道12星座のひと
つです。

さそり座(10/24〜11/21生まれの人)

南の空に輝く赤くて明るい1等星アンタレスが目印で、S字形に
ならんでいます。

いて座(11/22〜12/21生まれの人)

さそり座のすぐ東隣りにあり、6つの小さい星がひしゃくの形にな
らんだ南斗六星で、もっとも古くからある星座で黄道12星座のひ
とつで、天の川の川が一番明るく幅広くなっているところに位置し
ています。

やぎ座(12/22〜1/21生まれの人)

いて座の東隣りに位置し、大きな逆三角形に星が連なっていま
す。

みずがめ座(1/20〜2/18生まれの人)

南の空に低く輝く秋の夜空で、たったひとつの1等星で、シュメー
ル時代に作られた最古の黄道12星座。

うお座(2/19〜3/20生まれの人)

ペガサス座の胴体を形づくる東側の辺と南側の辺に沿って点々
と星が連なる星座です。

地球上の1地点を示す経度と緯度があるように、天文学でも星
の位置を示すのに赤経と赤緯という座標を使っております。

赤経0の線は春分点(春分の日に太陽が輝く点)を通ると決めら
れており、この春分点がうお座にあり、天文学的に重要な星座
になっている。

  ・春の星座をめぐる神話

 かに座は、アミモーネの沼に化けガニの怪物が住んでいて
 化けガニは友人であるヒドラという人がヘラクレスにやられ
 そうになるのを見て助けようとヘラクレスに立ち向かいあっ
 さりヘラクレスに足で踏みつぶされてしまったのです、この
 怪物がかに座となっています。

 
 しし座は、ネメアの森に住み着いて人を襲うライオンがいて
 それを知って困った王様がゼウス神に祈りをしました、ゼウ
 ス神の命で若いヘラクレスがこのライオンの退治に向かい
 1本の棒を差したが二つに折れてしまい、素手で首を締め
 3日3晩ライオンの首を絞めつづけ退治したといわれており
 そのライオンがしし座となったとされています。


 ・夏の星座をめぐる神話

 いて座は、ケイローンという名のケンタウロス族の怪人で
 姿は不気味でも心は優しく、頭も良く武勇にも秀でていた
 ので、音楽の神 アポロンと月と狩の女神 アルテミスに
 音楽・医学・予言・狩りなどの力をさずけられました。

 その知識をいろいろな国の王子たちや数多くの英雄たち
 に教えました。しかし、ある時英雄ヘラクレスの矢がケイロ
 ーンに当り死んでしまい、その偉大な教育者を偲んで星
 座になったといいます。


 さそり座は、オリオンというとても腕の良い猟師で、ある時
 酒に酔った勢いで「熊だって、ライオンだって、この世に俺
 様にかなうものはいない」と自慢してしまい、大地の女神に
 怒りをかってしまいました。

 女神は1匹のサソリを放ち、サソリはひそかにオリオンに忍
 び寄り、その猛毒の針で突き刺しました、オリオンは倒れ死
 んでしまいました。その手柄でサソリは星座にあげられま
 した。


・秋の星座にまつわる神話

 おうし座は、王ゼウスがフェニキアのエウロバという美しい女
 王に恋をしてしまい、ある日花を摘んでいるエウロバの前に
 真っ白な牡牛が現れ、おとなしい様子に安心したエウロバが
 その背に乗った瞬間、海岸めざして走り出しました。

 牡牛は自分がゼウスであることを告げると、エウロバを新し
 い土地へと連れて行き結婚しました。

 ゼウスは新しい土地にエウロバ=ヨーロッパと名をつけ、自
 分が変身した牡牛の姿をおうし座として夜空にあげたのだ
 そうです。


・冬の星座をまぐる神話

 ふたご座はカストルとボルックスという大神ゼウスとスパル
 タの王妃の間に生まれた双子の兄弟でそろって勇者として、
 ギリシャ中に名前がとどろいていました。

 ある時、戦争に巻き込まれてカストルが死んでしまい、悲し
 みにくれたボルックスもカストルが旅立った死の国へ自分も
 行こうとしましたが、運命は過酷なものでカストルは母の血
 を受け継いで死すべき人間でしたが、

 ボルックスは父の血を受け継ぎ永遠の命を持っていたの
 です。
 
 だがボルックスは父であるゼウスに悲痛な訴えをし、ゼウ
 スはその願いを叶えてやりました。ふたりの姿を星座に写
 したそうです。




































     ★その他のリンク集もみてください。
 My Menyu 
  暮らし・生活  食と健康  家族・遊び  趣味・ガーデニング  ペット
  ホコリ取りのアイディア

  水回りの手入れ

  掃除あちこち

  なんでもリサイクル
  
  道具選びと手入れ
  食生活の知恵
 
  健康とリズム


  ビタミンの話
 
  ストレッチングとは

 子供と野遊び

 家族でアウトドア

 温泉の話し

   
(療養温泉)
  星座の魅力

  世界の不思議

  なんでも辞典


 
観葉植物

   サボテン
 猫の選び方

 猫の世話

 猫の食事

 猫のしつけ

 猫の健康管理

 猫の困った
  子供の未来を考えて!
  ADHDってしってる?     ADHD関連リンク             リンク集      ☆プロフィール☆

 スポンサードリンク
 
Copyright (C)〜家族と暮らしのアイディア All Rights Reserved