ADHD 発達障害

  ADHDって知ってる?

ADHDと発達障害について

 

    
Sponsored Links
 TOP >ADHDと発達障害:2
ADD
ワーキングメモリー
リタリン
行動療法
LD(学習障害)
発達障害者支援法
障害者自立支援法
               

ワーキングメモリ(Working Memory)とは

認知心理学において、情報を一時的に保ちながら操作するための構造や過程に関する理論的な枠組みである。作業記憶作動記憶とも呼ぶ。ワーキングメモリの理論的構造や脳のどの部分が関与しているかという研究が多数行われている。一般には、前頭皮質、頭頂皮質、前帯状皮質、および大脳基底核の一部がワーキングメモリ機能に関与すると考えられている。

ワーキングメモリの研究は主に動物を使った切除実験とヒトにおけるイメージング実験の成果に基づいている。ワーキングメモリの研究は世界中で盛んに行われている。ワーキングメモリに関する研究成果は、自閉症や注意欠陥多動障害(ADHD)への理解を深め、指導方法を改善に導いた。また、人工知能研究にも応用されている


行動療法(こうどうりょうほう、Behavior therapy)とは

心理療法のひとつで、学習理論(行動理論)を基礎とする行動変容法・理論を総称していう。近年は認知療法と合わせて認知行動療法と称されることも多い。心理療法がターゲットとするべきなのはあくまで客観的に測定可能である「行動」であり、また心理療法が目標とすべきなのは、問題とされる「行動」を減らしたり、逆に望ましいとされる「行動」を増やしたりさせることであるとし、精神分析のような原因分析的な心理療法とは一線を画する。 他の治療に比べ、時間がかからず、指導者に対する費用も少なくすむ反面、患者自身の個人的経験や葛藤を考慮していないため、特定症状を除去したところで、代わりに別の症状が出てくるだけだという批判もある


メチルフェニデート (Methylphenidate, MPH) とは

難治性・遷延性のうつ病やナルコレプシー等の過眠症の患者に対して使われる、アンフェタミンに類似した中枢神経刺激薬である。注意欠陥多動性障害(ADHD)、慢性疲労症候群といった症状に対しても効果があるとされる。日本では、リタリン (Ritalin)がメチルフェニデートを含む医薬品に該当する。

発達障害者支援法(はったつしょうがいしゃしえんほう、平成16年12月10日法律第167号)

自閉症、アスペルガー症候群、ADHD、学習障害などの主として広汎性発達障害を持つ者の援助等について定めた法律。全25条。平成17年4月1日施行

特別支援教育とくべつしえんきょういく

日本の学校教育における教育内容の一つ。

特別支援学校において 
視覚障害者、聴覚障害者、知的障害者、肢体不自由者又は病弱者(身体虚弱者)に対し、幼稚園・小学校・中学校・高等学校に準ずる教育を施すとともに、障害による学習上又は生活上の困難を克服し自立を図るために必要な知識・技能を授けること
小学校・中学校・高等学校・幼稚園において 
知的障害者、肢体不自由者、身体虚弱者、弱視者、難聴者、その他障害のある者で、特別支援学級において教育を行うことが適当な者、その他教育上特別の支援を必要とする児童・生徒・幼児に対し、障害による学習上又は生活上の困難を克服し自立を図るために必要な教育を行うこと

障害者自立支援法(しょうがいしゃじりつしえんほう)とは

「障害者及び障害児がその有する能力及び適性に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができる」ために定められた日本の法律である。来るべき少子高齢化社会に向けて従来の支援費制度に代わり、障害者に費用の原則1割負担を求め、障害者の福祉サービスを一元化し、保護から自立に向けた支援をする法律である。

2005年(平成17年)10月14日、参議院本会議を通過。同年10月31日、衆議院本会議において自由民主党、公明党の賛成多数により可決、成立。2006年(平成18年)4月1日より一部施行され、2006年(平成18年)10月1日より本格的に施行された。

注意欠陥障害(ちゅういけっかんしょうがい)とは

軽度発達障害の一種注意欠陥・多動性障害(ADHD:Attention Deficit / Hyperactivity Disorder)のうち、多動のないものの通称である。診断基準DSM-IVのADHD不注意優勢型に相当する。ADD (Attention Deficit Disorder)とも呼ばれる。

ADHDに対する世間一般の認識がADHD=落ち着きが無く、授業中立ち歩いたりする子供といった目に見える症状に偏っているため、ADDタイプは見過ごされやすい傾向にある。実際にはADHDは脳の制御を司る前頭葉の覚醒不足に原因があるとされる発達障害で、集中力のムラや気の散りやすさなど不注意の問題も抱えている場合が多い。

学習障害がくしゅうしょうがい、Learning Disorders,Learning Disabilities, LD)とは

複数形で表記されていることからも分かるように、単一の障害ではなくさまざまな状態が含まれる。医学、心理学、教育学の分野にまたがって研究が進められ、それぞれで若干概念が異なっている。バランス感覚を欠き、身体の協調運動の困難を合わせ持つ子も多いため、リハビリテーション医学の分野でも研究が行われている。

日本では旧文部省が1999年、学習障害を定義している。  

「学習障害とは、基本的には全般的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す様々な状態を指すものである。学習障害は、その原因として、中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されるが、視覚障害、聴覚障害、知的障害、情緒障害などの障害や、環境的な要因が直接の原因となるものではない。」

また、アメリカの連邦合同委員会が出した定義もよく知られている。

「学習障害とは、聞き、話し、書き、推理する能力、算数の能力を取得したりするのが著しく困難な、さまざまな問題群の呼び名である。そのような問題は、生まれつきの中枢神経の働きの障害によるものと考えられる。 学習障害は、他のハンディキャップ(たとえば、感覚の障害、精神遅滞、社会性や情緒の障害など)や不適切な環境(文化的な違い、望ましくない教育など)からも生じるが、そのようなハンディキャップや環境から直接生じるものではない。」(1981年 学習障害に関する連邦合同委員会報告)

LDの子は全体的な能力で劣っているのではないので高校、大学への進学もケースにより可能であり、こうした子どもたちの人権を擁護する団体もある。


LDは、「言語性LD」と「非言語性LD」に大別されていたが、高機能自閉症やアスペルガー症候群等の自閉症スペクトラムの位置づけの明確化や、オプトメトリストらによって視空間認知の問題が整理にされるに従い、2つの大別の仕方は用いられなくなってきている。

2000年から、日本LD(学習障害)学会が学会認定資格として、LD教育士という資格を設けたが、2005年度より資格認定協会を独立させ、「特別支援教育士(LD・ADHD 等)」と名称を変更している。資格認定協会は法人化の動きもある。

学校教育では、LDは2006年4月1日より通級の対象となり、2007年4月からは特別支援教育の対象にもなっている。


このページはADHDの子供をもつ家族として、
ADHDの認識がまず必要と思い作成しております。

対処方法はそれぞれの症状により異なると思いますのが、
認識を深め子供の未来のために考えていかなければなりません。
   ★ その他のリンク集も見てみてください。    Sponsored Links
 My Menyu  

  暮らし・生活  食と健康  家族・遊び  趣味・ガーデニング  ペット
  ホコリ取りのアイディア

  水回りの手入れ

  掃除あちこち

  なんでもリサイクル
  
  道具選びと手入れ
 
  食生活の知恵
 
  健康とリズム


  ビタミンの話
 
  ストレッチングとは
 子供と野遊び

 家族でアウトドア

 温泉の話し

   
(療養温泉)
  星座の魅力

  世界の不思議

  なんでも辞典


 
観葉植物

   サボテン
 
 猫の選び方

 猫の世話

 猫の食事

 猫のしつけ

 猫の健康管理

 猫の困った
 
  子供の未来を考えて!
  ADHDってしってる?    ADHD関連リンク               リンク集      ☆プロフィール☆

 スポンサードリンク
 
Copyright (C)~家族と暮らしのアイディアAll Rights Reserved