ADHD 障害

  ADHDって知ってる?

ADHDと障害について

 
 Sponsored Links
  
 TOP> ADHDって知ってる?

               

「ADHD」って知ってますか!


最近、ADHDという言葉を耳にするようになりました。本来、子どもは元気に動きまわるものですが、度がすぎると、「うちの子は、落ち着きがなさ過ぎるのでは」と心配になっている方もいると思います


現在、アメリカでADHDの患者数は推定200万人、近年、日本でもかなりの数が報告されている

ADHDとは「注意欠陥多動性障害」と日本語にするとこのような長い病名がつきます。

ADHDは病気であって病気ではないともいわれています。
近年日本でも少しずつ聞かれるようにもなりました。

同じ障害をお持ちの家族の方々や、ADHDを知らない
方々にも見ていただければ幸いです。


ADHDとはなんでしょうか?
ADHD(attention-deficit hyperactivity disorder)

ADHDとは注意欠陥/多動性障害のことで、注意力の障害と多動・衝動性を特徴とする行動の障害です。

具体的な症状としては、

注意障害  注意が持続できない、必要なものをなくす、注意がそれやすい、毎日の活動を忘れてしまう、など

多 動 性  手足をそわそわ動かす、離席が多い、走り回ったり高いところへ上がったりする、じっとしていない
         しゃべりすぎる、など

衝 動 性  質問が終わらないうちに答えてしまう、順番を待つことが苦手、他人にちょっかいを出す、など


これらの症状が少なくとも6か月以上続き、集団や家庭の中で、あるいは友達関係において不適応を起こしていて、まわりも本人も困り、生活上なんらかのサポートが必要な場合を指すといわれています。
しかし、もともと子どもは好奇心にあふれ、行動的です。以上の状況だけで安易にADHDと診断されるものではありません。専門医によって診断されるものです。



□ どのくらいの頻度で起こるものなのか?
 
わが国における正式な調査はありませんが、アメリカなどの調査によると、子どもの3%〜5%位の頻度だと推定されています。また、女の子よりも男の子のほうが多い(男女比4:1〜6:1)のが特徴です。
 
□ 親のしつけが悪かったのか?
 ADHDの原因は、今のところよくわかっていませんが、脳の機能に障害がおこっているらしいということが考えられています。親のしつけの問題や子どもの性格の問題ではありません。

□ ADHDと診断された場合は、どのような治療をするのか?
 薬を飲むことが、多動や集中力の改善に有効な場合があります。しかし、それ以上に家族や子どもをとりまく人達がADHDを理解し、適切な対応をすることが重要です。

□ ADHDの子の将来は?
 
多動の子の多くは成長するにつれ行動は安定し、目立たなくなっていきます。小児期から適切な対応をすることによって、ほとんどの人が多少の症状を残しながらも、社会に適応していきます。
 

ADHDが病気であるということがわからなかった時代には、親のしつけの問題や子どもの性格の問題であると言われて、親も本人も苦しんできました。子どもを取り巻く周囲の人は、ADHDが病気であることを理解し、その子にあった対応をしてあげることが大切です。



概 要

注意力を維持しにくい、時間感覚がずれている、様々な情報をまとめることが苦手などの特徴がある。
日常生活に大きな支障をもたらすが適切な治療と環境を整えることよって症状を緩和することも可能である。
脳障害の側面が強いとされしつけや本人の努力だけで症状などに対処するのは困難であることが多い。診断は多くの精神疾患と同様に問診等で行われADHDに特化した生物学的マーカーや心理アセスメントは開発中であり一般的でない。症状に従い、以下の3種に分類がされる。

  • 多動性・衝動性優勢型
  • 混合型
  • 不注意優勢型 (ADD)

一般にADHDとして扱われるADDは、多動性が少ない不注意優勢型である場合が多い。子供では多動性障害(たどうせいしょうがい、Hyperkinetic Disorders F90)の診断名がひんぱんに適用される。 学童期までの発症率は1-6%で男子の方が女子よりも高い

症 状

集中困難・過活動・不注意などの症状が通常7歳までに確認されるが、過活動が顕著でない不注意優勢型の場合、幼少期には周囲が気付かない場合も多い。

ADHDを持つ子供は飽き易くすぐに新奇な刺激を求める傾向にある。 ADHDを持つ子供は、重要なこととそうでないことの区別をすることは出来、一時的には正常に機能できる。しかし識別する力が健常の子供よりも早く尽きてしまい、無視するべき刺激にすぐ反応してしまい、新しいものや面白そうなものに見境なく飛びついてしまう時がある。正常な子供はおもちゃを観察したり意見を述べたりしながら一つのおもちゃで長く遊ぶが、ADHDを持つ子供はすぐに他のおもちゃを手に取る傾向がある。

更に、何かの作業が中断されると、元に戻るのに正常な子供の何倍もの時間がかかるか、また別の対象に関心を移してしまう

原 因
遺伝的な要素が指摘され、一卵性双生児ではきわめて高い頻度で一致し、血縁者に共通してみられることも多い。 形質的特徴の結果ワーキングメモリーに機能阻害がみられることが障害の本質であるとの見解が有力視されている






ワーキングメモリー

リタリン

行動療法

LD(学習障害)

ADHD の神経基盤

健康な前頭前野は行動を注意深く選定し大脳基底核(basal ganglia)は衝動性を押さえる働きを持つがADHDのケースではそれがうまく作動していない

視床および大脳皮質をコントロールする回路と多動性・独自の時間感覚、
大脳皮質運動関連領野と大脳基底核を繋ぐ運動系ループ回路の異常とADHDについて大まかにまとめる。

健常者の場合大脳皮質が何かをしようと計画した場合あらかじめ(大脳)基底核の領域のうち使う必要のある場所よりややや広範囲にシグナルを送りその部分を抑制、後改めてシグナルを送り物事を実行する。

この場合必要ない脳の領域(基底核内)は抑制されている為衝動は制御される。ADHD患者の脳ではこの仕組みが機能していない。また抑制と実行のシグナルのギャップが運動に於けるタイミングにも関与している。これについては良く分かっていないがADHDを持つ人間の独自の時間感覚との関わりも指摘されている。


てんかんとの関わり

ADHDを持つ児童のうち約3割が脳波異常、特にてんかんに似た脳波を記録することが確認されている心理・社会的要因

年齢が若いほど、また症状が重いほど、構造化した環境の整備や明確な意味を持つ刺激(例:具体的な指示を小分けして出す)が必要になる。

ADHDを持つ児童は高いOD(行為障害)発現率を持つなどして健康な児童よりも育てにくく、それらが互いに悪循環をもたらす場合もある


治療法

覚醒水準を引き上げることで症状を防ごうという理由で、治療には中枢神経興奮薬が用いられる。
日本では一般に、塩酸メチルフェニデート(薬剤名「リタリン」)が使用される。しかし、これらは基本的に依存性を有する覚醒剤であり、依存性が懸念されることも多い。

一方で処方に従っている限り薬剤耐性はつきにくく依存の心配はないという報告もなされている。思春期以前の児童に関しての投薬も依存の危険はないとされる。メチルフェニデートは前頭前野皮質のノルエピネフリントランスポーター(NET)に作用し細胞外ドパミンの濃度が上昇、治療効果をもたらすという仮説がある。

心理療法については、行動療法を薬物療法と組み合わせた場合に最も効果がみられる。また本人の症状をコントロールすることよりも本人の特性にあった環境を整えることが重要である。

日本では発達障害者支援法が制定され、以前より支援体制は整ったものの、まだまだ発達障害を専門とする医師・医療機関が少ないため、診断や治療にはかなり苦労することが多い。最近は支援団体や自助団体が各地で設立され、インターネットの普及もあいまって、情報は入手しやすくなりつつある


学校生活への影響

ADHDとLD(学習障害)とを同時に罹患する子供は多いが、ADHDを持つ子供が必ずしもLDを発症するわけではない。またADHDは知能の低下をもたらさない。教室で教師は生徒がADHDをもっていても多動衝動をコントロールしていれば普通の生徒として評価することが判っている


家庭での治療

家庭では、勉強をしているとき外的刺激を減らしたり、子供の注意がそれてしまった時に適切な導きを与えてやったり、ころあいを見計らって課題を与える、褒めることを中心にして親子関係を強化するなどが挙げられる。一例として「勉強しなさい」と言うよりも机の上にその子供の注意を引きそうな本をさりげなく置いておく、新聞や科学雑誌を購読する等


公的支援

公的支援は立ち遅れがちであったが、ADHD患者の支援は児童福祉の側面も持つため2005年に発達障害者支援法が成立した。

しかし成人では障害者自立支援法の検討や32条見直しなどにより個人の経済的負担が増えていくものと思われる。成人支援は一部の地域で限定的に行われている

各都道府県の精神保健福祉センターはADHD専門ではないが、無料または低額で相談・職業訓練・デイケアー・病院等の紹介等各施設独自のサービスを提供している。例として東京都のでADHDのケースが見受けられた

市町村の保健所でもADHDに限らず一般的な疾病のためのサービスや病院等の紹介が受けられることもある




発達障害者支援法

障害者自立支援法




このページはADHDの子供をもつ家族として、
ADHDの認識がまず必要と思い作成しております。

対処方法はそれぞれの症状により異なると思いますのが、
認識を深め子供の未来のために考えていかなければなりません。

Sponsored Links
 
   ★ その他のリンク集も見てみてください。  
 My Menyu  

  暮らし・生活  食と健康  家族・遊び  趣味・ガーデニング  ペット
  ホコリ取りのアイディア

  水回りの手入れ

  掃除あちこち

  なんでもリサイクル
  
  道具選びと手入れ
 
  食生活の知恵
 
  健康とリズム


  ビタミンの話
 
  ストレッチングとは
 子供と野遊び

 家族でアウトドア

 温泉の話し

   
(療養温泉)
  星座の魅力

  世界の不思議

  なんでも辞典


 
観葉植物

   サボテン
 
 猫の選び方

 猫の世話

 猫の食事

 猫のしつけ

 猫の健康管理

 猫の困った
 
  子供の未来を考えて!
  ADHDってしってる?     ADHD関連リンク              リンク集      ☆プロフィール☆

スポンサードリンク
Copyright (C)〜家族と暮らしのアイディアAll Rights Reserved